転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

札幌で担々麺と言えば「175°DENO担担麺」感想・評価

札幌で担々麺と言えばここです。「175°DENO担担麺」です。

札幌中心部に複数店舗ありますが、今回は「北2西3 駅前通店」に訪れました。

ランチでは何回も使っているところです。新型コロナが無ければいつも混んでいます。

店名の読み方は「ひゃくななじゅうごど での」です。「175℃でつくるラー油」からきているそうです。

​場所は札幌の中心部、中央区北2条西3丁目敷島ビル地下1階で、日曜日が定休です。

メニューは「白ゴマor黒ゴマ」、「汁なしor汁あり」、「シビれないorシビれるorすごくシビれる」をそれぞれ選ぶのが基本です。

さらに有料で痺れや辛さを追加することもできます。

カウンターに座ってから、麺の量とスープ「創業の味(清湯)or濃厚(白湯)」を選びます。

今回は、一番人気の「白ゴマ、汁なし、シビれる」(850円)でスープは創業の味(清湯)をいただきました。評価を書きます。

 

f:id:hokkaidolife:20200427000309j:plain

評価

料理・味      ★★★

よーく混ぜて頂きましたが、やはり痺れます。

四川花椒の香りと痺れ。んー痺れに慣れていない人には刺激が強すぎるかもしれません。

辛さはそのままだとそれほど辛くありません。

テーブルに置いてあるガラス瓶の自家製ラー油を追加すると、辛さが増して痺れとのバランスがとれていきます。

ゴマの香り、カシューナッツの甘さ、挽肉など色々な味を楽しめます。

麺は太めの平麺で、モチモチしていて美味しいです。

鶏ガラスープの味は…痺れが勝っていて良くわかりません。汗

総合的に言えば、本格的な味と、日本的な食べやすさを感じることができます。

お店のホームページにある通り「本格四川料理技術と日本のラーメン技術を融合」です。

ボリューム・コスパ ★★★★

価格は基本の白ゴマの汁なし担担麺が850円、汁あり坦坦麺が 900円。黒ゴマだと+50円です。

麺の量は中チョイスでしたが、量も多く満足できます。

無料でかなり痺れるところまで行けますし、辛さもラー油でかなり辛くできます。

痺れは+50円、辛さは+100円でさらに増やすこともできます。

ちなみに大盛は+150円で、トッピングも有料で追加できます。

基本の850円で痺れもお腹も満足できると思えば、コスパは良い方ではないでしょうか。

サービス・雰囲気  ★★★

店内はカウンターのみですし、内装は普通です。

汁対策の紙エプロンをもらえるのは良心的です。

接客は明るくて印象は良かったです。

 

まとめ

しづお的 総合評価は77です。

ここの売りは間違いなく「シビれる」「すごくシビれる」などの痺れる系です。

美味しいですが、花椒の刺激に慣れていないので評価は低めです。すみません。

何度も食べているのですが、一番人気という言葉に誘われて、いつも「シビれる」を選んでしまいます。

スープの違いや、麺の味などをしっかり味わうには、「シビれない」の方がいいかもしれません。

再訪時には「シビれない」での評価を書きたいと思います。

※価格などは訪問時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。