転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「ビックカメラ」の株主優待が届きました!今後もホールドするべきか?

株主優待が届くたびに、今後もホールドすべきかどうかをチェックしていきます。

今回は都市型の家電量販店として有名な「ビックカメラ」です。

うちに株主優待が届いたのは11月第3週でした。

 

株主優待の内容

権利確定月は2月末日・8月末日の年2回です。今回は8月末日分です。

買物優待券(1,000円券)

f:id:hokkaidolife:20201121005328j:plain

ビックカメラで使える買物優待券(1,000円券)が保有株数に応じて下記の枚数もらえます。

100株以上は2月末日2枚、8月末日1枚の計3枚(3,000円)

500株以上は2月末日3枚、8月末日2枚の計5枚(5,000円)

1,000株以上は2月末日5枚、8月末日5枚の計10枚(10,000円)

10.000株以上は2月末日25枚、8月末日25枚の計50枚(50,000円)

加えて、長期保有の優待制度があります。

100株以上を1年以上2年未満継続保有だと1枚2年以上継続保有だと2枚が8月末日のタイミングで追加されます。

優待券枚数の比率が一番良いのは100株を2年以上保有することです。

 

現在の株価・利回り

1,149円(2020年11月20日終値) 単元株数100株

配当金13円         利回り1.13%

配当金13円+優待50円  利回り5.48%

※優待は100株を2年以上継続保有で年5枚(5,000円)換算。

前回(2020年5月22日終値)との株価比較 +75円(値上がり率+6.9%)

配当金は新型コロナの影響で減配となり、年間配当で20円から13円になりました。

優待券は金券ショップ、ネットオークションなど換金できるところも多いです。

優待券を含めれば利回りはまずまずです。

新型コロナの影響で、株価は一度大きく下げましたが、最近は安定してきました。

 

直近の決算内容

ビックカメラの連結決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高(営業利益)、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

もちろん連結でみていきます。決算期が8月末ですので、新型コロナの影響前の数字です。

売上高(営業利益)

2020年8月期 847,905百万円(12,066百万円)

2019年8月期 894,021百万円(22,943百万円)

2018年8月期 844,029百万円(27,055百万円)

新型コロナの影響で、テレワークに伴う需要が生じたパソコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などは堅調、スマホ、デジカメ、理容美容家電などが低調だったようです。

ネット通販事業、郊外にあるコジマは堅調だったものの、インバウンドの激減を補うには至らず減収減益となっています。

ただ、利益は出ていますし、21年8月期予測も19年8月期並みの売上8,960億円、営業利益150億円を見込んでいます。

自己資本比率

2020年8月期 29.0%

2019年8月期 33.4% 

2018年8月期 35.5%  

20年8月期は利益が出ましたが、長期借入金の増加で自己資本比率は低下しています。

21年8月期の通期では、利益がでることを見込んでいますので心配はいらないと思います。

株主資本利益率(ROE)

2020年8月期  4.02%

2019年8月期 10.65%

2018年8月期 13.58% 

18年、19年の数字は日本の企業としては十分な数字です。

20年8月期は低い数字ですが、利益が出ているだけ良しとしましょう。

 

今後もホールドするべきか

訪日外国人が大きく減少し、厳しい決算となると思っていましたが、そこまで崩れなかった印象です。

コロナ禍でも21年8月期は利益が出ると予想していますし、株価も維持しています。

倒産リスクも低いと思いますし、株主優待は魅力的ですので、今後もホールドしたいと思います!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。