転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「DCMホールディングス」の株主優待が届きました!今後もホールドするべきか?

株主優待が届くたびに、今後もホールドすべきかどうかをチェックしていきます。

北海道の人には石黒ホーマではなく「ホーマック」で有名な「DCMホールディングス」です。

うちに株主優待が届いたのは6月第1週にハガキがきました。

 

株主優待の内容

権利確定月は2月末日です。

自社商品詰合せ または 寄付

f:id:hokkaidolife:20190613104141j:plain

100株以上の保有でDCMブランド商品詰合せまたは社会貢献活動団体への寄付のどちらか1つを選択できます。

選び方はハガキが届きますので、返信すればOKです。

残念ながら、私は器の小さい男ですので毎回商品を選ばせてもらっています。

だいたい2,000円相当だと思われます。

今回の商品は「束ねるラップ 使い切るタイプ」「おふろの防カビ除菌」「クッキングペーパー」「食用品ラップ」「レンジに使える保存容器」「珪藻土コースター」「贅沢泡スポンジ(おふろ掃除用)」「しっかり吸水タオル(フェイスタオル)」の8商品です。

 

現在の株価・利回り

1,095円(2019年6月7日終値) 単元株数100株

配当金27円         利回り2.46%

配当金27円+優待20円  利回り4.29%

※優待は100株で商品を2,000円として換算。

配当金は増配が続いています。優待も含めれば、利回りはまずまずです。

 

直近の決算内容

DCMホールディングスの連結決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

もちろん連結でみていきます。

売上高

2019年2月期 445,758百万円

2018年2月期 443,578百万円 

2017年2月期 443,369百万円

売上は伸ばしていますが、思ったより勢いがありません。国内のホームセンターは飽和状態なのかもしれません。

ただ、純利益はここ数年100億円程度を安定して出しています。

事業内容から考えても安定はしていますが、買収などがなければ急成長は期待できないかもしれません。

 

自己資本比率

2019年2月期 45.3% 

2018年2月期 45.5% 

2017年2月期 45.6%

安定していますし、問題ない水準だと思います。

 

株主資本利益率(ROE)

2019年2月期  6.59% 

2018年2月期  6.24% 

2017年2月期  6.76%

もちろん高いとは言えませんが、日本の企業とすれば普通という印象です。

 

今後もホールドするべきか

北海道に暮らしていれば「ホーマック」はかなり使いますし、一定の需要はあり続けると思っています。

また、西日本にDCMの店舗がない地域はあり、チャンスはまだあるのではないでしょうか。

ただ、ホームセンター事業が国内だけではそろそろ限界のような気もしています。

もう少し様子を見たいと思いますが、私自身ホーマックはよく使いますし、株主優待も魅力的ですので、今後もホールドしたいと思います!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。