転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「極楽湯ホールディングス」の株主優待が届きました!今後もホールドするべきか?

株主優待が届くたびに、今後もホールドすべきかどうかをチェックしていきます。

今回はスーパー銭湯で有名な「極楽湯」です。

うちに株主優待が届いたのは11月4週目でした。

 

株主優待の内容

権利確定月は9月末日です。

f:id:hokkaidolife:20191216200503j:plain

「極楽湯」「RAKU SPA」無料入浴券

スーパー銭湯の「極楽湯」「RUKU SPA」に無料で入れる優待券が送られてきます。

100株以上で株主名簿への記録(3月末、9月末)が連続3回で4枚、連続5回以上:5枚です。

300株以上は同様の条件で6枚、7枚。500株以上は10枚、11枚。5,000株以上は20枚、21枚です。

直営全店と一部FC店で使用できます。1名につき1枚必要ですが、「RAKU SPA」「RAKU SPA GARDEN」や海外店舗は1名につき2枚必要です。

札幌にも極楽湯がありますが、残念ながら使用できません。

 

現在の株価・利回り 

518 円(2019年11月29日終値) 単元株数100株

配当金6円         利回り1.15%

配当金6円+優待25円  利回り5.98%

※優待は100株で5枚優待券を、オークションサイトで換金した場合の相場から換算。

札幌で使えないのは残念ですが、優待利回りはまずまずです。

 

直近の決算内容

極楽湯の連結決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

もちろん連結でみていきます。

売上高

2019年3月期 15,990百万円

2018年3月期 13,961百万円

2017年3月期 13,758百万円

売上は順調に上がってきていますし、2020年3月期の売上高は前期比6%増の170億円を見込んでいます。

ただ、収益性が非常に悪いです。2019年3月期の純利益が前期比99%減の200万円でした。

自己資本比率

2019年3月期 29.7% 

2018年3月期 34.6%

2017年3月期 28.0%

自己資本比率は、そこまで低い数字ではありませんが、もう少し上げてほしいと思います。

株主資本利益率(ROE)

2019年3月期 0.03% 

2018年3月期 3.84% 

2017年3月期 5.54%

前述の通り、2019年3月期の純利益が前期比99%減の200万円だった影響ですね。

2020年3月期の会社予想は、少し持ち直すと見込んでいますが、数字的にはイマイチな気がします。

株価が伸び悩んでいるのも納得です。

 

今後もホールドするべきか

中国の温泉ブームなどに便乗して、もっと勢いに乗ると思っていたのですが、株価も決算的にもイマイチです。

売上が伸びているということはプラスですが、収益が出てないことも気になります。

中国では新規店舗の予定もありますので今後に期待して、もう少しホールドしたいと思います!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。