転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「グリーンランドリゾート」の株主優待届きました!今後もホールドするべきか?

f:id:hokkaidolife:20190404110446j:plain

株主優待が届くたびに、今後もホールドすべきかどうかをチェックしていきます。

今回は北海道では遊園地でお馴染み「グリーンランドリゾート」です。

うちに株主優待が届いたのは4月第1週でした。

 

株主優待の内容

権利確定月は12月末日・6月末日の年2回です。

①遊園地等入場券

f:id:hokkaidolife:20190404110434j:plain

・グリーンランド遊園地無料入園券

・ホワイトパークスキー場4時間リフト券

・いわみざわ公園パークゴルフ場ローズパーク無料利用券

・北村温泉ホテル無料入浴券

上記の共通券が100株以上で2枚、500株以上で4枚、1,000株以上で6枚が年に2回もらえます。

2,000株以上も持ち株数に応じて枚数が増えていきます。

②遊園地の遊戯具利用引換券

1,000株以上で1枚、2,000株以上で2枚が年2回もらえます。

5000株以上も持ち株数に応じて枚数が増えていきます。

③その他

「北海道又は九州の地域特産品」や様々な特典がある「VIPフリーパス」、「ゴルフコース場無料プレー券」「ホテル室料半額優待券」「ホテル無料宿泊券」などが持ち株数に応じてもらえます。

ただ、これらは10,000株(投資金額500万円程度)以上しか受けられない優待なので、詳細に記載しません。

私には、ここに500万円つっこむ勇気はありません。

 

現在の株価・利回り

482円(2019年4月5日終値) 単元株数100株

配当金12円(2018年、特別配当含む)  利回り2.48%

配当金12円+優待56円  利回り14.10%

※優待は遊園地入場券で1枚大人1,400円換算。100株で2枚×年2回。

毎年1回はグリーンランドに行く私としては、かなりの優待利回りです。

 

直近の決算内容

グリーンランドリゾートの連結決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

もちろん連結でみていきます。

 

売上高

2018年12月期 7,810百万円

2017年12月期 7,664百万円

2016年12月期 7,061百万円

熊本と北海道の田舎の遊園地経営をしているにしては、売上高は順調に伸びています。

正直いって意外です。熊本も北海道も地震があったのに、ホントに意外です。

 

自己資本比率

2018年12月期 50.9%

2017年12月期 50.0%

2016年12月期 49.3%

しつこいようですが、熊本と北海道の田舎の遊園地経営をしているにしては、自己資本比率は年々上がってきています。

有利子負債も年々減ってきていますので、これまた意外です。

 

株主資本利益率(ROE)

2018年12月期 2.75%

2017年12月期 2.47%

2016年12月期 1.33%

出ました。低いです。さすが田舎の遊園地経営をしているだけあります。

ガンガン伸びている企業でもないので仕方がないです。

ただ、これも少しですが上昇傾向です。意外です。

 

今後もホールドするべきか

田舎の遊園地が潰れたりすることが多いですが、ここは意外と手堅い経営をしています。

はっきり言って、株価の上昇はそれほど見込むことはできないと思っています。

このご時世に、ホテル事業を上手く活用できている印象もありません。笑

ただ、100株ホルダーの私にとっては、配当+優待利回り14%はすごいです。

プリキュア、仮面ライダー、戦隊もの、アンパンマンなどのショーはやはり手堅い、まだ下の子が未就学児ですので、まだまだお世話になる予定です。

自己資本比率は十分ですので、キャラクターアトラクションにでも投資したらいいと思っちゃいます。

私自身こんなところに投資しているから、いつまでたっても億り人になれないんですが、子どもが遊園地に飽きるまでホールドしたいと思います!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。