転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「イオン北海道」の株主優待が届きました!今後もホールドするべきか?

f:id:hokkaidolife:20190515201838j:plain

株主優待が届くたびに、今後もホールドすべきかどうかをチェックしていきます。

今回はイオンでよくお買い物する方には恩恵が多い「イオン北海道」です。

うちに株主優待が届いたのは5月第1週でした。

 

株主優待の内容

権利確定月は2月末日です。

①株主優待券

イオン系列のスーパーなどで1,000円の買い物ごとに100円券1枚が使える「株主優待券」がもらえます。
100株以上 で2,500円分 (100円券×25枚)、1,000株以上 で5,000円分 (100円券×50枚)、2,000株以上 10,000円分 (100円券×100枚)です。

②イオンラウンジの利用

500株以上の保有で 「株主さまカード」がもらえ、大型店舗にあるイオンラウンジが利用できます。

 

現在の株価・利回り

736 円(2019年4月26日終値) 単元株数100株

配当金12円         利回り1.63%

配当金12円+優待25円  利回り5.02%

※優待は100株で換算。

2,500円分ならイオンでそこそこ買い物する方は、すぐに使いきれると思います。

100株だけで見れば利回りは、まあまあだと思います。

 

直近の決算内容

イオン北海道の単独決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

ここ自体が子会社みたいなものなので、連結ではなく単独です。

 

売上高

2019年2月期 204,233百万円

2018年2月期 205,299百万円

2017年2月期 203,173百万円

北海道中心の企業ですし、地方都市にも進出しきっていると思います。

これ以上、大きく売上高を伸ばすのは難しいと思っています。

 

自己資本比率

2019年2月期 44.3%

2018年2月期 45.0%

2017年2月期 37.8%

数字としてはまあまあですが、ここら辺も親会社(イオン)のさじ加減だと思いますので気にしません。

 

株主資本利益率(ROE)

2019年2月期  9.09%

2018年2月期 16.22%

2017年2月期 11.73%

数字としては全く悪くありません。

ただこちらも親会社が巨大なのでなんとも言えません。

 

今後もホールドするべきか

2020年3月にマックスバリュ北海道を吸収合併するそうですので、売り上げ、財務内容、優待内容などなど変わってくると思います。

決算上の数字を見ていると、キャタルゲインはほぼ見込めないと思います。

ただ、親会社のイオン同様、株主優待としての恩恵はかなりあるのではないでしょうか。

最低単元株だけであれば十分に価値があると思っていますので、今後もホールドしたいと思います!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。