転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「カゴメ」の株主優待が届きました!今後もホールドするべきか?

株主優待が届くたびに、今後もホールドするべきかどうかをチェックしていきます。

今回は人気の「カゴメ」です。

うちに届いたのは10月末でした。

 

株主優待の内容

権利確定月は6月末日です。

①自社商品詰め合わせ

f:id:hokkaidolife:20201103193552j:plain

半年以上の継続保有で、100株以上で 2,000円相当、1,000株以上で 6,000円相当のカゴメの商品詰合せがもらえます。

今回の100株以上2,000円相当の商品内容は写真の通りです。

前回はケチャップやソースなども入っていましたが、今回はドリンクメインです。オリジナルグッズのノートも入っていました。

②自社オリジナル記念品(10年以上継続保有)

100株以上を10年以上継続保有(10年を迎えた年に1回限り)で「トマト薫る特性グラス2個セット」「株主10年記念パッケージ商品」がもらえます。

そこまで魅力的な商品だと思いませんが、10年というくくりがあるのも嬉しいですね。

 

現在の株価・利回り

3,820円(2020年11月2日終値) 単元株数100株

配当金35円       利回り0.91%

配当金35円+優待20円  利回り1.43%

前回(2019年10月18日終値)との株価比較 +1,059円(値上がり率+38.3%)

第3四半期までの業績が堅調で株価は上昇しています。

前回は10円の記念配当を含んでいました。利回りは低いですが、増配が続いています。

 

直近の決算内容

カゴメの連結決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高(営業利益)、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

もちろん連結でみていきます。

売上高(営業利益)

2019年12月期 180,849百万円(14,079百万円) 

2018年12月期 209,865百万円(12,000百万円)

2017年12月期 214,210百万円(11,968百万円)

まだ、新型コロナの影響が出る前の19年12月決算では、飲料事業の不振との理由で売上高が減少しています。ただ、営業利益は15.1%増、純利益は13.3%増でした。

第3四半期連結累計(2020年1月~9月)では、新型コロナの影響で巣ごもり消費が加速、国内における飲料や内食向け商品の販売は拡大したそうです。

売上は前年同期比1.7%増、営業利益は同10.3%増となり、20年12月期の決算が楽しみです。

自己資本比率

2019年12月期 53.9%

2018年12月期 52.5% 

2017年12月期 52.1% 

50%を超えていますので、安定した経営状況です。

毎年、増加していますし、コロナ禍でも利益を上げることができそうなので問題ありません。

株主資本利益率(ROE)

2019年12月期  9.71%

2018年12月期 11.32% 

2017年12月期 10.39% 

日本の企業としては悪くない数字です。

自己資本比率も高いので、しっかり利益を出せる経営体質と言えそうです。

 

今後もホールドするべきか

経営基盤が盤石なことに加えて、コロナ禍でも利益を上げることができそうです。

株主優待の魅力度がそこまで高いわけではありませんが、増配が続いていることは魅力的です。

何よりブランドイメージは健在だと思っていますので、今後もホールドします!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。