転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「レオパレス21」の株主優待が届きました!今後もホールドするべきか?

株主優待が届くたびに、今後もホールドすべきかどうかをチェックしていきます。

今回は違法建築問題が収束する気配のない「レオパレス21」です。

うちに株主優待が届いたのは12月2週目でした。

 

株主優待の内容

権利確定月は3月末日・9月末日の年2回です。

f:id:hokkaidolife:20191216200622j:plain

①レオパレス・リゾートホテル 無料宿泊券

グアムにあるリゾートホテルの無料宿泊券が、100株以上の3年未満保有で2枚、3年以上保有で3枚もらえます。優待券1枚につき、1室(1泊)使えます。

②国内ホテル 50%宿泊割引券

札幌、仙台、名古屋、博多の全国4カ所あるホテルの50%宿泊割引券が、100株以上の3年未満保有で2枚、3年以上保有で3枚。1,000株以上の3年未満保有で8枚、3年以上保有で12枚もらえます。優待券1枚につき、1室(1泊)使えます。

ただ、残念ながら名古屋を除く3ヵ所のホテルは譲渡が決まり、今回の50%宿泊割引券の利用可能期間は2020年1月1日から2020年3月末日までです

次回、2020年3月末以降権利確定分の株主優待につきましては、国内レオパレスホテル50%宿泊割引券は廃止するそうです。

③賃貸物件の入居費用割引、アパートなどの建築工事費用割引

300株以上を1年以上保有で、賃貸物件に入居する際の費用の割引やアパートなどの建築工事の費用が割引になります。

 

現在の株価・利回り

343円(2019年12月13日終値) 単元株数100株

配当金0円         利回り0.00%

配当金0円+優待10円  利回り2.91%

※優待は100株で3年以上保有の優待券を、オークションサイトで換金した場合の相場から換算。

前回(2019年7月1日終値)との株価比較 +61円(値上がり率+21.6%)

違法建築問題で赤字ですので、もちろん無配当です。

いつ倒産してもおかしくない会社で株価も底辺ですので、ちょっとしたニュースで大きく株価が変わります。

 

直近の決算内容

レオパレス21の連結決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

もちろん連結でみていきます。

売上高

2019年3月期 505,223百万円 

2018年3月期 530,840百万円 

2017年3月期 520,488百万円

もちろん違法建築問題で、今期は売上の減少に加えて、680億円程度の純損失となっています。

2019年9月期の中間決算はバッチリ赤字です。通期でも下方修正しています。

 

自己資本比率

2019年3月期 27.7% 

2018年3月期 47.2% 

2017年3月期 47.0%

2019年3月期の損失が大きく数字に表れています。

会社発表の20年3月通期計画はギリギリ黒字を目指していましたが、下方修正してやはり赤字になるようです。

さらにギリギリのラインですね。

 

株主資本利益率(ROE)

2019年3月期 -21.83%

2018年3月期 4.39%

2017年3月期 6.14%

数年は仕方がないと思います。

 

今後もホールドするべきか

以前も書きましたが、昔からレオパレス物件は問題があると言われていましたし、違法建築問題は全く驚きませんでした。

私は、違法建築問題が発覚し、株価が急落してから取得しました。

株価も安いですし、お勉強的な意味合いも込めてです。

施工不備の改修工事は続きますが、資産があるので、売却を続ければ意外ともつかもしれません。もちろん個人的な見解です。

通期の数字によっては危機的な状況も予想されますが、立ち直る可能性を信じて、ホールドしてみたいと思います!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。