転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「大戸屋ホールディングス」の株主優待が届きました!今後もホールドするべきか?

株主優待が届くたびに、今後もホールドすべきかどうかをチェックしていきます。

今回は定食屋の「大戸屋ホールディングス」です。

うちに株主優待が届いたのは6月第4週でした。

 

株主優待の内容

権利確定月は3月末日です。

食事券(500円)または 精米

f:id:hokkaidolife:20190628145937j:plain

大戸屋で使える「食事券(500円)」が保有株数に応じて、下記の金額分送られてきます。保有期間が3年を超えると少し増額されます。

・100株以上で3年未満2,500円、3年以上3,000円

・500株以上で3年未満6,500円、3年以上7,500円

・1,000株以上で3年未満13,000円、3年以上14,000円

送られてきた食事券をそのまま返送すると、100株以上2kg、500株以上5kg、1,000株以上10kgの「精米」と交換できます。

私は、もちろん大戸屋でお食事させてもらってます。

 

現在の株価・利回り

2,119円(2019年6月27日終値) 単元株数100株

配当金25円         利回り1.17%

配当金25円+優待30円  利回り2.59%

※優待は100株で3年以上保有(3,000円分)で換算。

昔から比べれば、株価は伸びていますが、もう少し優待の充実がほしいところです。

 

直近の決算内容

大戸屋ホールディングスの連結決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

もちろん連結でみていきます。

売上高

2019年3月期 25,729百万円

2018年3月期 26,265百万円 

2017年3月期 25,614百万円

売上が伸び悩んでいます。

内容をみると国内が売上減、海外が売上増という感じです。

バイトテロもありましたが、国内の方は値上げによる客離れが影響しているような気がします。

利益も売上からすれば、非常に微妙な状況です。

 

自己資本比率

2019年3月期 46.7% 

2018年3月期 49.3% 

2017年3月期 45.6%

ここの数字は問題ありませんが、少し有利子負債が増えたことが気になります。

 

株主資本利益率(ROE)

2019年3月期 1.19% 

2017年3月期 4.37%

2018年3月期 7.72% 

非常に残念な下がり具合です。

特に2019年3月期の利益が低いことがありますが、このままだとヤバいと思います。

 

今後もホールドするべきか

定食屋さんは好きなジャンルですし、「鶏と野菜の黒酢あん」はめちゃくちゃ美味しいと思っています。

なので、本当に残念なのは値上げです。人件費や原材料の高騰はわかりますが、メニューの種類を大幅に減らしてでも、価格を維持してほしかったところです。

1,000円以上するメニューを残すのではなく、大戸屋ランチを残してほしかったです。

ただ、日本の定食屋さんは、まだまだ海外でチャンスはあると思っています。

株主優待の魅力度は高いとも言えませんが、応援もしたいので、今後もホールドしたいと思います!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。