転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「トリドールホールディングス」の株主優待が届きました!今後もホールドするべきか?

株主優待が届くたびに、今後もホールドすべきかどうかをチェックしていきます。

今回は「丸亀製麺」で有名な「トリドールホールディングス」です。

うちに株主優待が届いたのは12月2週目でした。

 

株主優待の内容

権利確定月は3月末日・9月末日の年2回です。今回は9月末日分です。

f:id:hokkaidolife:20201211120804j:plain

株主優待券(100円)

丸亀製麺などで使用できる優待券(100円)が、下記の通り保有株数に応じてもらえます。

100株以上 30枚(3,000円分)

200株以上 40枚(4,000円分)

1,000株以上 100枚(10,000円分)

2,000株以上 150枚(15,000円分)

この他に、1年以上継続して200株以上保有で30枚(3,000円分)追加でもらえます。

株数当たりの優待比率が良いのは1年以上200株を保有することです。年間で140枚(14,000円分)もらえます。

 

現在の株価・利回り 

1,399円(2020年12月11日終値) 単元株数100株

配当金12.5円         利回り0.89%

配当金12.5円+優待70円  利回り5.89%

※優待は200株を1年以上保有した場合(7,000円分×年2回)で換算。

配当金は少な目です。21年3月期は6.25円になると会社は予想しています。

1年以上200株保有した場合の優待利回りは悪くありません。

株価は1,000円を割り込んでいた時期もありましたが、かなり安定してきました。

 

直近の決算内容

トリドールの連結決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高(営業利益)、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

もちろん連結でみていきます。

売上高(営業利益)

2020年3月期 156,478百万円(4,367百万円) 

2019年3月期 145,022百万円(2,302百万円)

2018年3月期 116,504百万円(7,635百万円)

20年3月期までは順調な業績でした。

21年3月期の中間決算は売上63,473百万円(前年同期比▲20.7%)で、2,073百万円の純損失となっています。

うどん業界も新型コロナの影響は出ているようです。

21年3月期の決算は、売上148,200百万円(前年同期比▲5.3%)で800百万円の純損失まで盛り返せると会社は予想しています。

自己資本比率

2020年3月期 21.6% 

2019年3月期 28.8% 

2018年3月期 32.9%

自己資本比率が低下してきています。

さらに新型コロナの影響もあり、21年3月期の中間決算時点(20年9月)で19.8%に低下しています。

株主資本利益率(ROE)

2020年3月期 4.93%

2019年3月期  0.76% 

2018年3月期 13.24%

ここ2年は低い水準でした。

18年3月期に近い水準であれば株価も伸びていくと思いますが、21年3月期は赤字予想ですので期待はできません。

 

今後もホールドするべきか

今回のコロナ禍で取得した株の一つです。

コロナで軒並み株価が下落した外食業界で、私はうどん屋さんは影響が少ない方かと思っていましたが、普通にダメージはありました。

ただ、株価は安定していますし、優待の魅力度もあります。

取得したばかりですし、もう少し様子を見たいので、今後もホールドしたいと思います!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。