転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「丸千代山岡家」の株主優待が届きました!今後もホールドするべきか?

株主優待が届くたびに、今後もホールドすべきかどうかをチェックしていきます。

今回はラーメン山岡家で有名な「丸千代山岡家」です。

うちに株主優待ハガキが届いたのは10月2週目でした。

 

株主優待の内容

権利確定月は1月末日・7月末日の年2回です。今回は7月末日分です。

f:id:hokkaidolife:20201018220127j:plain

ラーメン優待券or北海道のお米

好きなラーメン1杯(大盛・中盛・セットメニュー含む)が食べられる「ラーメン優待券」または「北海道のお米」が、保有株数に応じて下記の通りもらえます。

100株以上 優待券2枚 または お米2kg

500株以上 優待券4枚 または お米4kg

1,000株以上 優待券6枚 または お米6kg

近くに山岡家がない人を除けば、ほとんどの人がラーメン優待券(470円~1,290円相当)を選ぶと思います。

普段は食べない1,000円以上のメニューにチャレンジできます。

 

現在の株価・利回り 

1,908円(2020年10月9日終値) 単元株数100株

配当金16円  利回り0.83%

配当金16円+優待51円  利回り3.51%

※優待は100株で2枚×1,290円(年2回)で換算

配当利回りは低いですが、高価格のラーメンを食べれば優待利回りは上がります。

 

直近の決算内容

丸千代山岡家の決算の数字を確認します。

毎度ですが、売上高(営業利益)、自己資本比率、ROEくらいは確認しています。

グループ会社がないので単独決算です。

売上高(営業利益)

2020年1月期 14,106百万円(611百万円)

2019年1月期 12,827百万円(406百万円)

2018年1月期 12,134百万円(285百万円)

新型コロナの前までは非常に順調な業績でした。

最新の中間決算(20年2月~7月)では新型コロナによる営業自粛や休業の影響があったようです。

ただ、売上は6,648百万円(前年同期比0.1%増)、営業損失は14百万円で大きな損失とはなっていません。

通期でも、ある程度の利益が出る見通しとなっています。

郊外中心のラーメン店はそこまで大きな影響を受けていないのかもしれません。

自己資本比率

2020年1月期 28.5% 

2019年1月期 26.6% 

2018年1月期 27.6%

自己資本比率はそこまで高い数字ではありません。

中間決算の数字では、新型コロナの影響もあり長期借入金426百万円の増加など自己資本比率は低下しています。

それでも26.7%ですので、大きな問題はないでしょう。

株主資本利益率(ROE)

2020年1月期 17.19% 

2019年1月期 2.14% 

2018年1月期 -0.98%

21年1月期の数字には期待できませんが、20年1月期の数字を見ればポテンシャルはあると思います。

 

今後もホールドするべきか

今回の新型コロナ禍で新たに取得した株です。

北海道民にはお馴染み、こってりラーメンの山岡家ですが、時々食べたくなる「くせになる味」です。

中毒性のある商品ですので、全国展開が進むと考えれば成長性は見込めます。

株主優待も魅力的ですし、コロナの影響もそれほど大きくないようですので、今後もホールドしたいと思います!

※あくまでも個人の備忘録として掲載していますので、投資する場合は自己責任でお願いします。