転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

北海道で革製品といえば「鞄のいたがき」と「ソメスサドル」です!どちらがおすすめ?

革製品は「一生もの」ですよね。じっくり使って経年変化を楽しむのはステキです。

他の方のブログで、何十ものブランドを比較しているサイトもありますが、私には全商品を手に取って比較する時間は残念ながらありません。

北海道で触れることのできる商品にも限りがあります。

北海道の革製品に絞ると「鞄のいたがき」か「ソメスサドル」に行きつきます。もう二択です。

どちらのブランドがおすすめなのか調べていきます。

 

鞄のいたがき

本店は赤平市。札幌をはじめ道内各地と東京や京都などにも直営店があります。

15歳から鞄づくり一筋の板垣英三氏が、1976年に北海道に移り住み、1982年に創業。

皮を柔らかくする作業「なめし」には、植物性のタンニン、化学薬品のクロムのどちらかが使用されていますが、「いたがき」は「タンニンなめし革」にこだわって製品を作っています。

いたがきでは「使うほど手に馴染み風合いの増す素朴で堅牢な天然素材」と紹介しています。

もちろん、製品はすべてハンドメイドです。カラーは「キャメル」の商品を推していると思います。

 

ソメスサドル

本店は砂川市(赤平市の隣です)。こちらも札幌をはじめ道内各地と東京などに直営店があります。

1964年に歌志内市で創業。日本唯一の馬具メーカーとして、国内外の競馬騎手の鞍を手がけ、宮内庁に馬車具を納入しているそうです。

馬好きの方々には知名度もあると思います。

いたがきほど素材の統一感はありませんが、こだわった素材選びをしているようです。もちろん、こちらもすべてハンドメイドで、デザインやカラーバリエーションが豊富です。

 

どちらがおすすめ?

「ソメス」と「いたがき」の比較ですが、クオリティはどちらも素晴らしいと思っています。

どちらも、郵送するか直営店を通して修理もしてくれますので長く使えます。

価格でいえば、そこまで差はないですが、「いたがきの方が安い」です。

デザインやカラーバリエーションなどで見れば、「ソメスの方がオシャレ」です。

個人的な印象ですが、どちらが有名かといえば「ソメスが少し有名」だと思います。

貧乏性の私が気にする革の厚さで言うと「いたがきの方が厚い」です。

結論は正直いって好みだと思います。

友人に紹介する場合は、若い人にはソメスをおすすめしますし、中高年にはいたがきをおすすめしています。

 

私が選んだのは

もちろん好みだと思いますが、私がこの二つを比較して最終的に行きついたのは「いたがき」です。

理由は「革の厚さ」「価格」「シンプル」これだけです!

二つ折りの財布

f:id:hokkaidolife:20190423001402j:plain


ずっと長財布を使ってきたのですが、ビジネスシーンでスーツのジャケット内ポケットに入れている時はいいのですが、プライベートでパンツのお尻ポケットに入れているとはみ出してしまいます。

貧乏性のため、盗まれるんじゃないかってソワソワします。人間不信すぎです。

ということで、二つ折りにしました。

ちゃんと、説明書にかいてある通り、月一でお手入れして、半年が経過した写真を載せておきます。

キーケース

f:id:hokkaidolife:20190423001349j:plain


キーケースは少しずつ味が出てきたようにも思います。

名刺入れ

f:id:hokkaidolife:20190423001415j:plain

名刺入れはほとんど変化していません。仕事していないことがバレますね。

また、時間が経ってきたときの写真は載せたいと思います。

もちろん、全国や海外のブランド、ポーターやコーチなどの革製品が悪いということでもありません。

ブランド力が強すぎると、原価以上の価値に金額に支払うことになります。

海外のシャネルやヴィトンなどスーパーブランドはソッコー除外です。コスパ悪すぎです。

北海道への愛から、地元にお金を落そうって気持ちもあるわけでの二択でした。