転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

スノーピーク「焚き火台M」には「炭床Pro S」とユニフレーム「ヘビーロストル」がジャスト!

f:id:hokkaidolife:20190914215038j:plain

 

結論

とにかく長持ちするバーベキューコンロを探すとやっぱりこれです。

私は「スノーピーク・焚き火台M」+「スノーピーク・炭床Pro S」+「ユニフレーム・ヘビーロストル」に行き着きました!

グリルとして爆発的な火力は期待できませんが、壊れる気が全くしません。

約5年使いましたが、これは「一生モノ」かもしれません。オススメです。

 

おすすめの理由は

とにかく頑丈な焚き火台

まずはオーバースペックのスノーピーク「焚き火台M」です。

焚き火もできて、オールステンレス。スノーピークの永久保証も魅力です。

2、3人でバーベキューをするのであれば、問題ない大きさです。

とにかく頑丈で、折り畳むとかなりの省スペースです。

 

スキマを生む炭床

炭を置くための炭床ですが、「焚き火台M」には「炭床Pro M」ではなく「炭床Pro S」です。

「ヘビーロストル」との間に炭を置くスペースを確保するためにはMサイズではなくSサイズをチョイスします。

 

焚き火台にジャストな網

「焚き火台M」に合う網をスノーピークで揃えると約5,000円「グリルブリッジM」と同じく約5,000円「焼き網pro」が必要になります。

正直高いです。そこでユニフレーム「ヘビーロストル」の登場です。

メーカーは違いますが、サイズ的にはビックリするくらいジャスト。

3,000円程度で買えますが、これもとても頑丈です。

スノーピークですべて揃えるより7,000円ほど安く済みます。

 

芝生で使用する場合は

無くても問題ないですが、芝生で焚き火をやることがあれば、ベースプレートも必要です。

 

デメリットは?

・そこそこいい値段します。スノーピークですべて揃えるよりは安いですが、スノーピーク製品がそもそも高いので、上記の4商品で20,000円以上します。

・私は気になりませんが、重さが結構あります。この4商品で7kg程度あります。

・グリルとして使用する場合は、炭を置くスペースがそこまで大きくないので、爆発的な火力は期待できません。ダラダラやるには十分です。

大きさが中途半端で2、3人程度の家族にはいいですが、大人数には向いていません。

・ヘビーロストルは、スキマがそこそこあり、小さなホルモンは落ちます。ホルモンを焼く場合は、細かな網が別に必要になります。

 

いろいろ書きましたが、不満なく使えてますので、十分おすすめできる組み合わせだと思います!