転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

チューブしぼり器「TUBE WRINGER」チューブリンガーはおすすめ!

f:id:hokkaidolife:20190307111438j:plain

肌の弱い私は、皮膚科で薬をもらってペタペタ塗る生活を続けています。

塗る作業はもう慣れていますのでいいんですが、チューブからいちいち薬を出すのはかなり面倒なんです。

薬によっては少ししか入ってなかったり、最後に使いきる時に出しにくかったりでストレスです。

薬局で「チューブじゃなくて容器(カップ)に変えてください」って言えば、ヒルドイドソフトとか変えてくれる薬もあるんですけど、できないって言われる薬もあります。

そんな時は、しぼり器を使うしかありません!

チューブ絞り器でクリームケースに、ドバっと出しておけば超便利です。

 

結論

私は「TUBE WRINGER」チューブリンガーをチョイスしました!

半年使いましたが、これは「一生モノ」かもって思いました。

ハッキリ言ってかなり快調です。

過去に1,000円くらいのプラスチック製のものを使っていましたが、レベルが違います。

マジで強力!オススメです。

おすすめの理由は

しぼり具合がハンパない

実際に絞ってみればわかります。

f:id:hokkaidolife:20190305151232j:plain

超きもちいい!!

最後までバッチリ絞れます。

材質によりますが、強力すぎて力を入れすぎるとチューブの一部が破けることがあるくらいです。

調子に乗ると飛び出る場合もあるので注意してください。

 

安心のアメリカ製

このチューブ絞り器を造っているのは「Gill Mechanical Company」(ギルメカニカルカンパニー)というアメリカの会社。

チューブ絞り器の特許を取得しており、オレゴン州の工場で手作りで作られているそうです。

 

とにかく頑丈

材質はスチールとアルミでできているそうです。重さは300g程度。

落したくらいじゃ壊れませんし、床が傷つくくらいです。汗

金属製ですし長く使えそうです。まあ、丈夫です。

 

デメリットは?

いい値段します。プラスチック製の倍以上します。

・私は気になりませんが、頑丈な分、重さが結構あります。300g程度です。

・支点部分にプラスチックっぽい素材が使われているので、どうせならここも金属にしてくれよーって思います。

f:id:hokkaidolife:20190305151243j:plain

ただ、これがあれば、塗り薬生活もかなり楽になると思います!

もちろん、絵の具や歯磨き粉なんかでも活躍してくれるでしょう!オススメです!