転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

南区川沿スープカレー「アジャンタ インドカリ店」食べてきました!感想・評価

札幌スープカレーの元祖とも言われるアジャンタ。

以前は市内に何店もあった記憶がありますが、今は札幌市にフランチャイズ含めて3店舗だけになってしまったようです。

今回はフランチャイズ店の一つ、南区川沿にある「アジャンタ インドカリ店」を訪れました。

中央区南29条西10丁目にも、同じ名前の店舗がありますが、川沿の方がその支店にあたるようです。

川沿店は、石山通沿いにあるスーパーラッキーの近く、川沿銀座商店街にあります。

住所で言えば、札幌市南区川沿11条2丁目2-17です。

営業時間は12:00~21:00。月曜と金曜が定休日です。

ラム、マトンも気になりましたが、とりあえず定番の「トリカリー」(1,200円)を食べました。

 

f:id:hokkaidolife:20201029234653j:plain

評価

料理・味        ★★★

アジャンタと言えば薬膳スープ。

シンプルなサラサラ系で、飲んでみれば漢方薬っぽさ、出汁っぽさはあります。

ただ、そのままでは辛さやスパイスはほとんど感じません。

辛さは卓上のスパイスで調整することができます。私の場合は、一杯しっかり入れて、ちょうどいい辛さになりました。

スパイス感もかなりアップします。

具材は、チキン、人参、ピーマンのみ。チキンは、柔らかくて美味しいです。

1本入っている人参は、グラッセのようで甘くて柔らかく、これが一番ヒットでした。

ピーマンは種付きで提供していました。ライスには酢漬けっぽい玉ねぎが添えられています。

全体的には昔ながらのスープカレーです。個人的には、流行のスープカレーの方が好みです。

 

ボリューム・コスパ   ★★

トリカリーはチキンレッグが2本入っていますが、野菜の種類も少ないので、ボリューム的には平均的なスープカレーの量だと思います。

トリカリーは1,200円、ラムカリー、マトンカリーは1,300円、ハーフサイズは900円。

スープ大盛は+100円。ライスは無料で大盛にしてくれるようですが、記載はありません。どこかに書いてほしいです…。

価格は平均的ですが、野菜の種類が少なく、コスパはイマイチかもしれません。 

 

サービス・雰囲気    ★★★

カウンターと小上がりに3つテーブルがあり、席はそこそこあります。

ただ、男性店主が一人で対応していますので、提供時間には覚悟が必要です。

車は近くのスーパーラッキーに停められますので、駐車場の心配はありません。

店内にはR&Bっぽいミュージックポスターが貼られています。店主もそんな雰囲気っぽいです。

 

まとめ

しづお的 総合評価は77点です。

スープカレーとしては、最後まで美味しくいただけました。

ただ、現在人気のスープカレーと比較すると、シンプル過ぎるのかもしれません。

コスパもイマイチのように感じました。

※価格などは訪問時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。