転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「だるま本店」でジンギスカンを食べてきました!感想・評価

f:id:hokkaidolife:20191124160758j:plain

すすきのでジンギスカンといえば「だるま」です。

 北海道に30年以上いますが、恥ずかしながら「だるま」を訪れたことはありませんでした。

すすきの交差点から徒歩5分ほど。いつも長蛇の列ができている「だるま本店」ですが、平日ということもあり10分ほど待って入ることができました。

初めてのだるまで「成吉思汗(ジンギスカン)」を食べました。評価を書きます。

 

f:id:hokkaidolife:20191124160913j:plain

評価

料理・味        ★★★★★

お肉は、スタンダードな「成吉思汗(ジンギスカン)」「上肉」をいただきました。

成吉思汗は、生マトン(生後1年以上のひつじの肉)ですが、臭みが少なく弾力があって食べ応えがありました。

上肉も臭みが少なく、成吉思汗より柔らかい印象です。非常に美味しかったです。

特性のたれは少ししょっぱく感じますが、お肉、野菜、ビールで食べればちょうど良い感じです。

タレには唐辛子とニンニクをお好みで入れて食べますが、ニンニクを入れた方が私は好きでした。

 

ボリューム・コスパ   ★★

ビール550円、お通し200円は普通ですが、成吉思汗(ジンギスカン)が850円、上肉・ヒレ肉が1,150円です。しかも税別。

量を考えると完全な観光客向け価格です。コスパはかなり悪いです。

若い人はビール園で3,000円出して食べ放題にした方が、いいと思います。

 

サービス・雰囲気    ★★

まず座ったら、七輪の炭火で熱せられた鉄板に、玉ねぎと長ネギをのせてくれます。

そして、すぐに「どの肉にしますか?」と注文を急かされます。お肉の提供スピードはおそろしく早いです。

食べ終わりそうなら、「他の肉の注文はありませんか?」とすぐ聞かれます。

食べ終わったら「帰れオーラ」がハンパないです。

外に多くの人が並んでいますので、仕方がないかもしれませんが、ゆっくり食べることはできませんでした。

店内もかなり狭いです。雰囲気はあるのに残念でした。

 

まとめ

しづお的 総合評価は74点です。

味は、「非常に美味しい」ですが、完全に観光客向けの値段設定と、北海道弁で言うとまさに「あずましくない」お店です。

支店は、ここまでひどくないようなので、だるまの味を楽しみたいなら、支店に行くことをオススメします。

私は本店に二度と行くことはないと思います。