転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

南区簾舞ちゃんぽん「ジュン」食べてきました!感想・評価

f:id:hokkaidolife:20200202004006j:plain

石山通を定山渓に向かう途中、「ちゃんぽん」と書かれたのぼりを見かけます。

調べると意外と人気店とのことで、チャレンジしてみました。

南区簾舞、石山通沿いの「ちゃんぽんのぼり」を曲がって、すぐの住宅街の中にありました。

一瞬「あれ?どこだろ」ってなりますが、ほんとにただの民家、一軒家です。

月、火が定休日、営業時間はいろいろ情報があるので、行くときは少し注意が必要です。

おすすめの「長崎ちゃんぽん」を食べました。評価を書きます。

 

f:id:hokkaidolife:20200202003952j:plain

評価

料理・味        ★★★★

ここはスープと具ですね。

とんこつスープはまろやかで、甘味もあり、とんこつ感もしっかり。

食感の良いキャベツやモヤシなど沢山の野菜とスープの相性はバッチリです。

リンガーハットも美味しいと思っていますが、手作り感のあるちゃんぽんは良いですね。

ストレートのちゃんぽん麺も十分美味しいのですが、麺だけ何かが物足りない気がしました。

ちょっとアクセントが欲しいときに使える柚子胡椒もあります。

 

ボリューム・コスパ   ★★★★

ちゃんぽんとしての量は普通だと思いますが、具の少ないラーメンと比較すれば、野菜の分お腹も膨れます。

最近、料金改定をしたようで、長崎ちゃんぽん850円、あんかけちゃんぽん950円、カレーちゃんぽん1,000円でした。カレーちゃんぽんが気になる…。

長崎皿うどんはバリ麺900円、やわらか麺1,000円。ちなみに大盛は100円でした。

サービスのコーヒーもいただいたので、★をひとつプラスしました。

 

サービス・雰囲気    ★★★★

内装は完全に民家です。

じいちゃん、ばあちゃんの家の和室とリビングでご飯を食べてる感じです。

人気店のようでしたが、タイミングよく、食べ終わったころには客は私一人。

「忙しいときは出せないんだけどー」とコーヒーを出してくれましたし、「はじめてかい?」と話しかけてくるアットホームさを十分感じる雰囲気でした。

抵抗ある人もいるかもしれませんが、札幌市内で感じる田舎っぽさが私としてはヒットでした。

 

まとめ

しづお的 総合評価は85点です。

ちゃんぽんとしてスープ、具材はかなり美味しいです。

もう少し麺が美味しければ、90点超えでしょう。

次回は「カレーちゃんぽん」か「皿うどん」にチャレンジしたいと思います。