転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

大通西8丁目カレー「黒岩咖哩飯店」食べてきました!感想・評価

f:id:hokkaidolife:20201211120731j:plain

今回はスープカレーではなく、ルーカレーのお店「黒岩咖哩飯店」です。

近くでお昼ご飯を食べるタイミングがあったので訪れてみました。

西8丁目のヤマダ電機から、大通公園に向かう途中にあるビルの地下にあります。

住所で言えば、札幌市中央区大通西8丁目2-39北大通ビルB1Fです。

営業時間は11:30~19:00。日、祝が定休日です。

スパイスカレーと非常に迷いましたが、ホームページに人気No.1と書いてある「カツカレー」(920円)を食べました。

 

f:id:hokkaidolife:20201211120720j:plain

評価

料理・味        ★★★★

見た目は非常にシンプル。ルー、ライスに乗っかったトンカツ、フライドオニオンのみです。

ルーは、ひき肉や溶けた野菜からでしょうか。甘味があります。

スパイシーではありますが、パンチが強くなく、コクがあって食べやすいです。

とにかく、色々な味が混ざっていて少し珍しい味がします。美味しいです。

無料で辛さは変えられませんが、市販の中辛と辛口の間くらいでしょうか。

和とんもち豚を使用しているというトンカツは、薄めですが肉の味も良いですし、サクサクしていて美味しいです。

 

ボリューム・コスパ   ★★★

レギュラーカレーの690円、黒辛カレーの780円は高いわけではないですが、人気のカツカレーは920円、スパイスカレーは950円で少し高めの価格設定。

ライス大盛りは120円、ルウ大盛りは130円、辛カラ+80円、激辛+250円です。

ランチタイムはライス大盛が無料です。

900円のカツカレーはコスパ的には普通でしょうか。もう少し野菜がトッピングされていれば、満足だったと思います。

 

サービス・雰囲気    ★★★

カウンター15席ほどのシンプルな店内。会計は最初に券売機からです。接客も問題ありませんでした。

ルーカレーだからかもしれませんが、スープカレーよりも提供時間は短かったように思います。

 

まとめ

しづお的 総合評価は85点です。

スープカレーばかり食べていますが、時々食べるルーカレーは美味しいです。

次回、訪れる機会があれば人気のスパイスカレーを食べてみたいと思います。

※価格などは訪問時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。