転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

「羊ケ丘展望台」はオススメ?地元民が行ってみた感想・評価

f:id:hokkaidolife:20190325161432j:plain

札幌に累計で10年以上住んでいますが、「羊ケ丘展望台」に行ったことはありませんでした。

今回、近くを通る機会があったので、立ち寄ってみました。

地元民としてオススメできるのか、感想・評価をお伝えします。

 

基本情報

住所

札幌市豊平区羊ケ丘1です。北海道農業研究センターの敷地内にあります。

アクセス

札幌駅から直行バスで(渋滞や雪がなければ)38分。

1時間に一本ほどなので、あまり利便性は良くないかもしれませんが、大人240円は安いと思います。

または、地下鉄東豊線「福住駅」から羊ケ丘展望台行のバスで13分です。

1時間に2、3本出ていますので、こっちの方が使いやすいかもしれませんが、札幌駅から行くと、地下鉄250円、バス210円で大人460円かかっちゃいます。

所要時間も直通バスと同じくらいかかります。

駐車料金がかからないので、公共交通機関よりもレンタカーや自家用車で行くのが一番便利だと思います。

入場料金

大人520円、小・中学生300円、年間パスポート1000円です。

※営業時間などは季節によって違います。詳細は公式HPでご確認ください。

 

どんな施設があるの?

クラーク博士像

ここの施設で一番有名な像です。

このポーズは「遙か彼方にある永遠の真理」を指しているそうです。

ここからの景色が「北海道らしい」「北海道を感じる」っていうことウリにしているかもしれませんが、道産子の私からすると…

日ハム記念碑

北海道に移転してきた2004年、開幕戦時のベンチ入りメンバーの手形とサインが刻まれています。

ただ、15年ほど経過して劣化、破損がみられます。

修復できるものならキレイにしてほしいです。

さっぽろ雪まつり資料館

個人的には、ここが一番の見どころではないかと。

過去の雪像模型が展示されていますが、人気アニメや歴史的建造物の模型は意外と面白いと思います。

羊さんのお家

冬場だからか、時間帯が悪かったのか、羊さんたちは家の中にいて、みんなでくっついていました。

オーストリア館

1972年の札幌冬季オリンピックで、オーストリアの選手村として建築され、ここに移築されたそうです。

1階にはソフトクリームなどの飲食店が、2階にはお土産店があります。

羊ヶ丘展望台出身のゆるキャラ「ジンギスカンのジンくん」グッズがたくさん置いてあります。

f:id:hokkaidolife:20190325161418j:plain

レストハウス

ジンギスカンが食べられます。

結局食べなかったので、正確な評価はできませんが、ジンギスカン定食が2000円程度で、道産子は手を出さない値段設定。観光客向けですね。

ただ、食べ飲み放題4000円は良心的だと思います。

あと、無料のキッズルームがあるのはステキです。

その他

石原裕次郎記念碑には「恋の町札幌」の譜面と歌詞が刻まれています。ごめんなさい。世代ではないです。

足湯は施設自体もキレイですし、時間があればゆっくりできると思います。

2つあるチャペルのうち、1つはちゃんと結婚式もできるようです。

 

まとめ・評価

しづお的 評価は★★★です。

正直、あまりオススメできません。申し訳ないですが2回目はないと思います…。

そこまで悪い施設ではないのですが、アクセスが悪いです。

高さ&景色を求めるのであれば、「藻岩山」「JRタワー」を選びます。

ヒツジを見たいのであれば、「円山動物園」に行きます。

ジンギスカンを食べたいのであれば、すすきので「ビール園」「だるま」です。

でも、クラーク博士像にどうしても会いたいのであれば、行く価値はあるかと思います。

レンタカーと自家用車があるのであれば、フラっと行く分には全然アリですよ。