転勤だらけの北海道ライフ

コスパ最強商品&投資好きの道産子が北海道各地の情報発信

スポンサーリンク

台湾旅行おすすめ観光地~台北101~

今回の台湾旅行で訪れた観光地をいくつか紹介します。

こちらも鉄板中の鉄板、「台北101」です。

地上101階建て、高さは509mで2004年の開業当時はに世界一の超高層建築物だったそうです。

展望台はもちろん、ブランドショップやお土産屋さんも入っていますし、フードコートやレストランもあります。

 

f:id:hokkaidolife:20190612201026j:plain

行き方

MRT淡水信義線(赤色)の台北101/世貿駅で降りればすぐです。 

あとはタクシーです。台北市の中心部からでも300元前後で行けるのではないでしょうか。

帰りもMTRの方がおすすめですが、ぼったくりっぽいタクシーもあまり停まっていない印象でした。

 

 

展望台

89~91階は、高さが約390mの展望台になっています

ちなみスカイツリーの第1展望台が350m、第2展望台が450mらしいので、第1と第2の中間って感じでしょうか。

展望台へのエレベーターとチケット売り場は5階で、特に割引などがなければ大人1人600元、身長が115cm以下の子どもは入場料が無料です。

自動券売機もあり、クレジットカードも使えます。

エレベーターが高速で、開業時は(今も?)世界最速だったらしいです。89階まで40秒足らずで着いちゃいます。

展望台に登ったらこんな素敵な景色が…と思ったら、雲がかかって、見えたり見えなかったりの微妙な天気でした。

 

f:id:hokkaidolife:20190612201057j:plain

天気を見ながら、登ってみた方がいいですね。

台北101のマスコットキャラクター「ダンパーベイビー」です。

f:id:hokkaidolife:20190612201444j:plain

風による振動を緩和する目的で巨大なTMD(チューンドマスダンパー)が設置されており、それがモデルとなっています。

 

フードコート

地下1階には全部で30店舗くらい入っている巨大なフードコートがあります。

日系の店も多いですが、台湾のチェーン店もたくさん入っています。

めちゃくちゃ並んでいましたが、フードコート横には台北で人気のレストラン「鼎泰豊」も入っています。

小南門傳統美食

f:id:hokkaidolife:20190612201412j:plain

台湾のB級グルメ小吃(シャオチー)の定食セットなどが食べられる小南門です。

私が食べたのは豚肉そぼろの「魯肉飯(ルーローファン)」のセットと、ここの名物の「豆花(トウファ)」です。

店員さんも外国人に慣れていて、メニューの番号を指さしたり、英語でも十分伝わりました。

f:id:hokkaidolife:20190612201652j:plain

魯肉飯とスープと青菜のセットで120元。500円しないと思うと安いです。

魯肉飯と青菜は見た目に近い味で美味しかったです。

スープはパクチーも入っていますので、少しクセががあると言えばあります。私はもちろん完食です。

f:id:hokkaidolife:20190612201637j:plain

豆花は簡単に言えば、大豆プリンみたいなものです。それにピーナッツとタピオカが入ったものを注文しました。

これで50元。200円しないと思うとこちらも安いです。

やさしい甘さで美味しかったです。

 

思慕昔

f:id:hokkaidolife:20190612201429j:plain

マンゴーかき氷が有名な「思慕昔(スムージー)」も入っています。

永康街などにもありますが、ここでも食べれます。もちろんマンゴーかき氷を注文しました。

f:id:hokkaidolife:20190612201623j:plain

1人で食べるのはかなりキツイです。シェアすることをおすすめします。

台湾のフードコートには片付けスタッフがいることが多く、食べ終わったものはそのまま置いておいて大丈夫なようです。

ショッピング

1階から4階まではシャネル、ロレックスなど高級ブランドショップが入っています。

日本にまだ進出していないブランドもあるようですが、詳しくないのでスルーしてしまいました。汗

地下1階や5階、展望台にはお茶や、スイーツなどのお土産屋さんもあります。

地下1階には台湾土産として人気があるヌガー(牛軋糖)の「糖村」も入っています。

私は、地下1階にはある高級スーパー「JASONS MARKET PLACE」で、お酒やよくわからない現地の果物「釋迦頭」を買ってホテルでいただきました。

買い物なんかもじっくりしていたら、半日くらい十分楽しめる施設だと思いました。

f:id:hokkaidolife:20190612201041j:plain

帰り際に下から見上げても、こんな感じでした。

次回は天気の良い日を見計らって、また行ってみたいと思います。